イベントのお知らせ&報告
1234
2018/06/24

「医療について、いっしょに考えてみませんか」PART11報告

| by 事務局長
人間ドック健診の現状と未来   ~上手な利用方法を考えよう~
         三井記念病院 総合健診センター 石坂裕子氏


 今回の講座は、11回目となりますが、今回も参加者から「とてもよかった」「人間ドックに対しての考えが変わった」などの声をいただきました。
確かに参加者は少なかったのですが、半数の方からそのような感想が上がりました。これらのことは、人間ドックについて知識がなかった、あるいは気軽に誰かに聞いたりすることができないでいたということが分かります。
石坂先生は、人間ドックに対しての知識も高く、現場で得られた多くの経験からのお話をされ、私たちは息をのむように一言一言を聞きました。それが、参加者の人間ドックに対しての意識を変えたのではないかと思います。
 確かに、「一般の健診とどのように違うのか」については、血液検査の種類が違い、人間ドックなら何でも検査してもらえるかと言うとそうではなく、自分で何が必要か、どんなデータがあればいいのかを自身で判断する必要があると説明されました。
私たちにとって自身が必要であるかわからないなら受診する前にその施設の担当者、あるいは医師とよく相談して検査項目を決めることが求められると思います。また、受診の回数などは様々な健診があるため、自身の体調と相談し必要と思う場合は毎年、あるいは2年おきなどに受診すればいいのではないかとのこと。
また、特に強調されたのは、医師からの説明とフォローが自分にとってどんなに大切であるかを理解し、よく説明を聞き、こちらからも質問できる、そのような施設を選ぶことが重要であると話されました。
また、たいていの患者は、医師の説明に「はい、わかりました」と答えるが、医師はこのように答えると患者が理解し、充分な知識があると思ってしまいがちであるとも説明されました。受診者としては自分の健康に関することなのでわかったふりをしたり、その時わからなくてもあいまいに聞いたりせず、医師の説明はしっかり聞き、質問することが大切だとも述べられました。
何のために人間ドックを受診するかについては、一次予防として自身の身体の状況を知ることでもあり、健康でいるための一つの方法でもあると説明されました。また、人間ドックで出されたデータを自身が活用することが大切であるとおっしゃられました。
これらの率直な石坂先生の言葉が、多くの参加者の心をとらえ、人間ドックに対しての理解が深まったのではと思えます。
 また、参加者の一人、医師である方が、良質な医療を提供すると思うのが医療提供者としての当たり前の姿であるとの言葉は、参加者への心に響き、患者とのコミュニケーションギャップを感じる受け手にとっては意味のある言葉だと思われました。
 私たちも悪いと言われる生活習慣を避けることが大切で、自身が信頼でき、相談できる医師がいることが私たちにとって重要で、大切であると今回も感じました。  坂本憲枝

参加者のアンケートのまとめ⇒20180602 アンケート結果 まとめ.pdf

13:01 | 医療を考える会報告
2018/05/02

「医療について、いっしょに考えてみませんか」PART11

| by 事務局長
からだとこころの発見塾の医療講座PART11を開催いたします。
今回は、三井記念病院総合健診センターのセンター長 石坂裕子氏 にご登壇いただきます。               
「人間ドック健診の現状・未来 ~上手な利用法を考えよう~」というテーマで、人間ドックに ついて詳しくお話しいただきます。
私たちは、「健康である」ことがいつも気にかかります。その手段 の一つである人間ドックを健診するとはどういうこと? 人間ドックはどのように選んだらいいの? 人間ドックの料金の付け方はどうなっているの? 「特定検診」とどこが違うの? 毎年同じ施設で受診した方がいいの?など、日ごろよくわからないことについてお話しいただく予定です。
皆さん、この機会を利用して人間ドックについてお聞きしてみませんか?

「医療について、いっしょに考えてみませんか」PART11

●日 時 :2018年6月2日(土) 13:30~17:00(開場13:00)
●場 所 :協働ステーション中央(日本橋小伝馬町5-1 十思スクエア2階)
      東京メトロ日比谷線「小伝馬町」駅より徒歩3分
●話題提供:石坂 裕子氏 センター長(三井記念病院総合健診センター)
 (NPO法人 からだとこころの発見塾 理事長 坂本 憲枝)
●費  用: 1,500円(資料代込)
●申し込みはこちら⇒
 ※必ず事前に申し込みください。
●申込期限:5月30日(水)(先着50名)

講座のチラシはこちらから⇒20180602医療講座11チラシ.pdf
※なお、終了後懇親会を予定しております。(費用3,000円程度)
参加の方は、申し込み時に「懇親会参加」とお申し込みください。
●お問い合わせ: NPO 法人からだとこころの発見塾(email:info@hakken-juku.org)


20:26 | 医療を考える会お知らせ
2018/03/31

四街道西中学校出前授業報告

| by 事務局長
2018年2月7日に四街道西中学校にて出前授業を行いました。
インフルエンザの蔓延が心配されましたが、無事開催。
発見塾の正会員の鈴木信行氏の話は、わかりやすく、ポジティブなステキなお話でした。
詳しくは⇒
21:38 | 出前授業報告
2018/03/12

由利本荘市教育委員会主催の講演会

| by 事務局長
由利本荘市教育委員会からの依頼で平成29年8月9日実施予定だった物が
台風で中止になってしまったが、翌年冬1月11日に改めてご依頼いただき実施となった。

担当は当法人理事鈴木誠二

対象は由利本荘市の小中学校の校長・教頭・教員約300名

終日研修の中、メイン講演として午前中2時間弱の時間をいただいた。



演題は「いのちについて考える道徳教育」

講演の内容については以下の内容での依頼

来年度から「特別の教科 道徳」が全面実施されるので、いのちの大切さについて考えたり議論したりする授業をどのように展開していくべきか、今改めて市内の全教職員で学びたい
 1.「特別の教科 道徳」の授業において、どういうことに留意して授業を展開していくべきか。
 2.本県では全校種で重点とする内容として「生命の尊さ」と「思いやり」をあげております。道徳の授業で、どのように扱っていくべきか。
 3.「考え、議論する道徳」の授業とは具体的にどのような授業か。
 4.道徳の評価について
 5.その他、鈴木先生のこれまでの御経験から「いのちについて考える道徳教育」全般について

当日の講演を終えてのまとめはこちら⇒
15:59 | 出前授業報告
2018/02/22

「医療について、いっしょに考えてみませんか」PART10報告

| by 事務局長
「医療について、いっしょに考えてみませんか?」PART10        H30.02.10
「日本の医療制度と医療情報を考える」  増田英明氏

 からだとこころの発見塾の医療講座も10回目を迎えました。
今回は、日本の医療と海外の医療との比較、特にベトナムの医療の状況についてお話しいただき、更に新聞の読み方や医療情報を読むときのポイントなど国際医療センターの上級研究員である増田英明氏にお話を伺いました。
日本の医療制度の特徴であるフリーアクセス、皆保険制度、開業の自由、民間医療機関中心の医療提供体制の4点が特徴であると理解していたのですが、ドイツ、フランスが社会保険制度を取っていて、ドイツは外来では自己負担がなく、フランスでは30%負担と日本と同一であることが分かりました。ただし、ドイツで診察を受けた患者は、窓口で全額を負担し、償還されるということです。イギリスは、国営の医療サービスが受けられ、原則自己負担がないですが、国が診察するクリニックを決めているため、かなり受診するのを待つ必要があるとのことでした。
スウェーデンも税負担で医療費を賄っており、やはり、国民の税金負担率が高いとのことでした。
アメリカでは65歳以上の高齢者、障害者が対象のメディケア、低所得者対象のメディケィドという保険制度があるのですが、多くの国民は保険制度もなく自分から民間保険を活用しているとのことでした。
多くの国で、医療体制や保険制度がそれぞれ異なっていることをお話しいただきました。
ベトナムの医療については、日本の医療と比べ、医師数、看護師数、薬剤師数も少なく、一つのベッドに2人休むなど、またまだ医療施設や医療については発展が望まれると思いました。
増田氏は、以前勤務していたメディアでヘルスケアコミュニケーションを担当されていたことから、メディアの実態についてお話しされました。私たちがメディアの情報を受けとるときは、メディアなりの事前のストーリーがあること、時間的、紙面的な制約があり、建前と現実のギャップがあることを理解した上で受け取ることが求められると説明されました。つまり、現実を構成する一部ではあるが全てではないことを理解する必要があると述べられました。私たちにとっては、日々受け取る情報がいろいろな意味合いを持つことに衝撃を感じながらお聞きしました。

本講座の特徴であるトークセッションでは、増田氏の情報リテラシーの説明を受け、もっとも重要なのは患者自身が持つ患者力であること、自身の身体を自分が守るために自分から医療者に働きかけることが重要だということ、新聞を読むときは署名記事であれば信頼につながりやすいことを理解した、など、有意義な意見がいくつも出されました。また、トークセッションが和気あいあいとしたムードで長い時間話し合えることが良かったとの声もありました。
私たちは、医療講座の回数を重ねるごとに現状の医療を理解し、医療制度を理解することで、少しずつ賢くなっていっているのではと思います。(理事長 坂本)


13:31 | 医療を考える会報告
2018/01/09

「医療について、いっしょに考えてみませんか」PART10

| by 事務局長
発見塾では2月10日(土)午後1時30分より
『医療講座 PART10』を開催いたします。
(どなたでも参加いただけます)

今回は、国際医療研究センター 国際医療協力局 上級研究員で
いらっしゃる増田英明氏に、ご登壇いただきます。
             
「日本の医療制度と医療情報を考える」というテーマで、
日本の医療と海外の医療との比較、特にベトナムの医療の状況など、
日ごろ私たちが知り得ない各国の医療についてお話しいただきます。
併せて、新聞の読み方や医療情報を読むときのポイントなどについても
お話しいただく予定です。
普段、聞けないお話を広報の専門家から伺いますので、
是非、皆さんでお聞きしませんか?


19:49 | 医療を考える会お知らせ
2017/12/18

「医療についていっしょに考えてみませんか」PART 9報告

| by 事務局長
医療講座 Part9「そうだったのか?在宅医療と訪問介護」2017年11月25日(土)

発見塾の医療講座も9回目を迎えました。
今回は、「そうだったのか?在宅医療と訪問介護」というテーマで、エムイーネット代表取締役の鈴鹿勝章氏にお話しいただきました。
鈴鹿氏は、訪問介護ステーションもいくつか経営されています。
私たちにとって「在宅医療」「訪問看護」という言葉を聞くと不安感がまず感じられ、この先どうなるのかという思いが出てまいります。
そこで、在宅医療や訪問介護をどのように捉えたらいいか、実態はどうなっているのかを知るためにお話をお聞きしました。

「在宅医療」は、自宅で医療を受けることです。そのためには、医師が訪問して診察を行い、その指示のもと看護師が訪問して患者の看護や状況を診ます。
PT・OT・STが訪問すると「訪問リハビリ」ということになります。
平成26年に医療介護確保推進法が制定され、高齢者が激増している中、地域包括ケアが進展しています。病床数をこれ以上増やせないため「在宅医療」が進められています。入院医療は、医師や看護師は患者さんだけを診るが、在宅医療では患者さんの住環境や家族の介護力を見て適切なサポートをします。
つまり、在宅医療は、患者さんや家族の生活のサポートに重点が置かれます。
訪問看護ステーションを選ぶには「24時間対応」であること、クリニックを選ぶにはMSWがいるクリニックを選んだ方がいいこと、生活上のあらゆることを相談できるケアマネージャーが重要であることも学びました。
今回の講座では、参加者からの質問も多く、鈴鹿氏が一つ一つ丁寧に答えていただけ、少ない人数ながら盛り上がった貴重な機会になりました。
在宅医療を受けようとする自分にとって大切なことは、気楽に過ごせ、本人が望むことが叶えられると望めること、支える家族にとっては、患者本人が希望することをサポートできることが大切であると学びました。
まだまだ健康で若さのある方達も両親などの介護に希望が見えるいい機会になりました。





  
理事長 坂本憲枝
21:41 | 医療を考える会報告
2017/10/22

からだとこころの発見塾の医療講座 PART9

| by 事務局長
からだとこころの発見塾の医療講座 PART9を開催いたします。
(どなたでも参加いただけます)

今回は、あすなろ訪問看護ステーションをいくつか経営しておられる
鈴鹿勝章氏 に登壇いただきます。   
              
私たちにとって家族や両親の介護について不安感をお持ちの
方も多いと思います。「在宅医療」や「訪問看護」など、
その時になってみないとわからないとは思いますが、
●具体的に知っておいた方がいいこと
●気を付けておいた方がいいこと
●初めてのときに多くの人が陥りやすいこと

などについて、ご経験を踏まえ、経営者としての観点からお話しいただきます。
身近な問題でもありますので、現状がどうなっているのか、将来の予測されることなど是非、お聞きしてみませんか?


17:30 | 医療を考える会お知らせ
2017/10/10

中央区立阪本小学校で出前授業を行いました

| by 事務局長
2017年9月30日
講師 小泉周
全校児童157名・教職員・保護者
1-2年生、3-4年生、5-6年生と3コマの授業を続けてやっていただきました。
道徳公開授業として、子どもたちに人と人のつながりについて考えてもらう。
・命の大切さや人との絆、思いやり、感動する心を育て深刻ないじめ問題等を
 未然に防止する。
・生涯を通じて健康な生活を送るために、健康の大切さを理解する。
などをテーマに行いました。
詳細は⇒こちら

13:34 | 出前授業報告
2017/07/08

「医療についていっしょに考えてみませんか」PART 8報告

| by 事務局長
「医療について、一緒に考えてみませんか」PART8(2017年6月10日)

 本講座PART8は、調剤薬局の薬剤師さん新井田純坪氏と、患医ねっと代表の鈴木信行氏にお話をお聞きしました。

 新井田氏は、虎薬局で薬剤師として働く一方、帝京大学で特任教授として講義をしておられます。実際の虎調剤薬局で患者さんと接し、その中から学ぶことを教育に生かすと2つの車輪を大回転させている方でもあります。
 発見塾での講座は、それはそれは力のこもった熱い講座でありました。かかりつけ薬局として、信頼できる薬剤師さんを見つける、そして相談することで、患者が病気と闘うときに力強い味方になってくれることを力説されました。
 薬剤師として患者のニーズをつかみ、適切なアドバイスと適切な対応ができることこそが薬剤師の役目であり、自身もさらに努力を続けるとのことでした。

 また、患者ねっとの鈴木信行氏は、自身が二分脊椎症であり、現在甲状腺がん治療中とのことで、闘病生活から得た「-お薬手帳」の使い方を紹介されました。
 そのお薬手帳も自分の生きざまを示しており、単にお薬手帳は記録だけではなく、自身の生きる道筋そのものであると力説されました。自身の闘病の中で、「お薬手帳」をいかに活用するか、自分の病気の状況や医師の処方についても自分用のお薬手帳に書き込み、自分の治療と向き合うために活用しているとおっしゃられました。
 さらに、私たちが対峙する医療は、「患者協働の医療」であり、自分が受けたい医療はどんな医療なのか、自身で答えられるようになることが重要なことであるとも力説されました。
 私たち参加者はこのお二人の講座に目からウロコの思いでした。

 その後、5つのグループに分かれトークセッションを行いました。それぞれのグループで議論が盛んにおこなわれ、参加者からは、「薬について知らないことが多かった」「こんないい講座の内容を友人に伝えたい」「とても勉強になった」など様々な声が聞かれました。
参加者は3時間半の長丁場ではあったのですが、それぞれの意見や考えに充実した時間を過ごせたようです。

 最後に帝京大学の教授も4人参加され、一般の人々の声が聞かれてとても参考になったとの声も聞かれました。



21:33 | 医療を考える会報告
1234